読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

老い

最近「歳をとったな」と感じたことといえば、トイレで小用を足すために男性器を取り出そうとした際「よいしょっと」という声を無意識に出したことだ。僕は自分がおしっこをするためだけに掛け声を出したという事実に驚愕し、さらに、用を終えたあとどことなく息切れに近い状態にあることに気づいて戦慄した。高校生の頃、出先のトイレで小用便器の前に立っていた際、隣で用を足していた中年男性が苦しそうに喘ぎ声のようなものを上げていたことを思い出す。そのとき僕は、どうしてこんなに苦しそうにおしっこをするのだろう、という純粋な疑問を抱いたものだったが、歳を重ねた今うっすらとその理由がわかりはじめた。おしっこを捻り出すにも体力が必要で、その体力にすら困るほどの状態に今僕はあるのだ。

 

思えばロコツにお腹が出てきた。平常時のベルト穴が2つくらい広がった。前だけではなく横からも贅肉がはみ出てズボンに乗っている。先日行った散髪屋で鏡を見たときにもショックを受けた。顔がパンパン。どれもこれも運動不足がたたった結果である。春先には体重が5キロ減ったなどと喜んでいたが、そんな貯金はとっくに使い果たしてしまい、新たな借金をこさえてしまった。最近体重をはかってないが、自分の体のことは自分が一番よくわかっている。現状の僕は明らかに運動不足で明らかにデブである。おしっこを捻り出すのに掛け声を出し、息切れをするデブ野郎である。

 

 もう歳も歳だ。食べた分だけ確実に太っていく。ここ数年はそこそこ平均的な成人男性の体型を維持できていたが、少し気合いをいれなければ取り戻せそうにない。体調もあまり良くなくて、風邪っぽくてつらい。半年くらい前に大風邪をひいて高熱を出したばかりなのに。若かりし頃は熱など2〜3年に一度出すかどうかくらいのものだった。免疫力的なやつも確実に衰えているに違いない。このつらさから逃れるにはどうすればよいのかとドラッグストアを彷徨い、鼻の通りがよくなるシールなるものを見つけた。鼻筋に貼るだけでいいらしい。価格は1000円。僕はその商品に底知れぬ怪しさを感じ、売り場の前でしばし悩んだが、この鼻詰まりが解消されるのならばと1000円を差し出した。今そのシールを鼻筋に貼っているが、効果があるのかはよくわからない。よくわからない上、絆創膏みたいなそのシールは、鼻筋に貼ることにより、80年代の熱血アニメ主人公の少年みたいなやんちゃキッズな印象を生み出している。僕は男性器を取り出すのに掛け声を出し、おしっこをして息切れをするおっさんだ。絆創膏を鼻筋に貼って冒険するのは色んな意味で痛すぎる。

 

とりあえず規則正しいバランスの良い食生活を心がけたい。そうすれば少しは贅肉も落ちるだろうし、風邪もひきにくくなることだろう。若さとはいつまでも続くものではないのだ。甘えてはいけない。そう自分に言い聞かせながら、僕は仕事帰りに堅あげポテトはちみつバター味を買っていました。本当に無意識に買っていて自分が怖い。せめてこれを常に目の届くところに置き、今後誘惑と戦う足がかりとしよう。

 

おわり

 

必要以上に好意的な『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影』の感想

※ネタバレあります

 

タートルズ』とは何か、知らない人のためにざっくりと説明すると「変な液体を浴びて人型に変質した4匹の亀たち(=タートルズ)がヒーローとして街の平和を守るぞ」というお話で、アメコミが原作。これまで何度かアニメ化や実写映画化されているが、今回鑑賞してきた『影(シャドウズ)』は、2014年に公開された実写映画版の続編に当たる。幼少期にアニメ版にどハマりしたせいか、僕はタートルズに漠然とした思い入れがあり、2014年公開の前作は4DXで観てかなりはしゃいだし、その後しばらくピザを食べまくって体重が大変なことになった。そんな僕が続編たる『影』を観に行くことはもはや常識であり必然。前作の予習はもちろんのこと、鑑賞後に食べるピザのお店までリサーチするという万全の態勢で鑑賞にのぞんだのが約3週間前のことだ。前置きが長くなったが、以下、必要以上に好意的な感想です。ちなみに鑑賞後のピザはなんか別に食べなくても良いかなって気分になったので食べませんでした。

 

 

○序盤あらすじ

ニューヨークを影から守る4人の兄弟がいる。レオナルド、ドナテロ、ラファエロミケランジェロ。偉大な芸術家の名を与えられた彼らは、忍者であるが人ではない。人の姿をした亀、タートルズである。

かつて悪漢シュレッダーが率いるフット団を退け街を守ったタートルズだが、その異形を大衆に明かすことはできず、相変わらず人々の目を避けながら暮らしていた。しかし、彼らは人間でいうと「ティーンエイジャー」に当たるお年頃。自分たちの活躍を知られることもなく、もし人間であったなら難なく満喫できるであろうスポーツ観戦やパレードを満足に楽しむこともできず、胸中には表に出せない不満をくすぶらせていた。

そんな中、脱獄を果たしたシュレッダーが、異次元からの侵略者・クランゲの協力を得て、ニューヨークを再び恐怖のどん底に叩き落そうと動き出した。新たに2匹の強力なミュータントを手駒に加え戦力を増強するシュレッダー。事態が悪化の一途を辿るその一方で、タートルズはドナテロが発見したある理論によって対立してしまう。それは、タートルズが人間になれるかもしれないという可能性だった…

 

 

個人的に感じた今作のテーマは「思春期」 。映像ではゴツいレスラーみたいな容姿のタートルズだが、中身は純情なティーンエイジャーで繊細なお年頃。街を救った手柄は別の人間に譲り、バスケの試合は天井裏からこっそりと観戦しなくてはならず、仮装パレードにギリギリ紛れ込むくらいしか人前に姿を見せることができない。そうした息苦しさを「忍者としての使命」として飲み込もうとする姿は、抑圧された思春期を生きる人間の少年少女と変わらない。人から認められたい。褒められたい。あれをしたい、これをしたい。友達はみんなやってる。テレビで大人気。それらをほとんど我慢せざるをえない4兄弟の境遇に共感と同情を禁じえない。

 

中盤、4兄弟は「人間になれる可能性を秘めた謎の液体」を巡って対立する。しかし「人間になるかどうか」という点のみでの対立ではないことが、兄弟ドラマとしての深みを生み出していた。具体的には、長男で責任感の強いレオナルドが、兄弟たちの動揺を防ぐために液体の存在を秘密にしようとして、それに喧嘩っ早いラファエロが反発するという展開。ラファエロの怒りは兄弟として信用されていなかったことに対しても強く燃やされており、前作に引き続き一番人間くさい彼の魅力が引き立っていた。対するレオナルドも長男でありリーダーであるとしても、中身はまだ未熟な若者。弟たちの個性に振り回されている状況を父親たるスプリンターに愚痴る姿は、彼が等身大のティーンエイジャーであり、ただの超然的な生命体でないことを感じさせてくれる。そのレオナルドは、やがて弟たちに「俺たちは兄弟だけどチームじゃない」と告げる。捉えようによってはネガティヴにも読めてしまうこの言葉の本当の意味は、ぜひ実際に作品を観て実感してほしい。

 

映像・アクション方面に関しては、敢えて言うまでもなくすばらしい。序盤のカーチェイスから中盤の空中戦、終盤のクランゲとの対決まで退屈とは無縁のラッシュが続く。特にクランゲの戦闘方法は奇抜で強敵感溢れており、観ていてハラハラさせられるだけでなく、楽しさにも満ちている。前作のシュレッダー戦以上の死闘は必見である。

 

そんな感じで『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影』。アイデンティティや承認欲求、兄弟関係に悩むティーンエイジャーの亀たちが大活躍です。果たして彼らは街を救えるのか!? 宿敵シュレッダーとの対決は!? 人間になれるのなれないの!? すべてはその目で確認して欲しい。普通なんてつまらない。君も一緒に自由の女神の上で叫ぼう。

 

おわり

青春SFラブストーリー

仕事量はそこまで多くないはずなのに、この疲労感はどこから来ているのか。昨日も仕事が終わる頃には頭の中がごちゃついてよくわからない感じになっていて、どうやって帰宅したのかほとんど記憶にない。ぼんやり覚えているのは、自転車を押している体が自分のものではないかのような感覚である。わずかに理性を残したゾンビにでもなってしまった心地。はじめは体力的な問題なのかと思ったが、やはりどう考えても仕事量自体は多くないのである。体力でないとすると、精神的なものだろうか。仕事中のストレスが脳だか精神だかに負荷をかけているのだろうか。それならば思い当たる節は多い。

 

最近はブログを書いてもどこかしらネガティヴな内容になってしまう。半年前なんかはもっと健全で楽しいことを書いていたはずだと思って読み返してみたが、情緒が不安定だの将来が心配だのと、今と似たようなことを書いていた。

 

 小心者の話 - Medapani Blog

 

そんなものか。いやしかし、当時はネガティヴなことでもどこからしら茶化して書く余裕があったように思われる。ブログを書きはじめた当初「人が読んで楽しいものを心がけよう」と決めたはずだが、今はただの愚痴を書く場と化している気がする。よくない。これはわざわざネットに公開するようなものなのか、人様に読んでもらって何か意味があるものなのか。今もそう思いながら書いている。そう思いながらも書いてしまうのは、ストレスを少しでも解消したいからだろうか、頭の整理をしたいからだろうか。

 

こんなことを言うと「それでストレスとかお前舐めてるのか」と思われるかもしれないが、一応週休2日はある。この休みは僕にとってかなり貴重で、ここで心身が癒されているからこそ現状を保てているのだと思う。こないだは『君の名は。』を観に行ったが、気持ちの良い青春SFラブストーリーで面白かった。いくつか気になった点はあるが、それは批判というより僕の好みの問題な気がするので特に書かない。逆に良かった点といえば、心理描写とか人間関係とかをあまりセリフで説明しなかったところかと思う。情報をすべて出しきらずに上手いこと観客の想像力を刺激する形になっていた。その反面、舞台設定なんかに関する情報は説明くさいセリフややりとりがやたら多かったので、そこは少し残念だったと思う。あと、神木隆之介の声の演技がすごくよかった。演じ分けうますぎて少し笑いそうになった。

 

青春SFラブストーリーといえば『時をかける少女』という映画(アニメのほう)があるが、あれは僕の周りでも割と非オタに分類される人たちが好んでいる気がする。『君の名は。』も『時かけ』と性質的、客層的には似ていると思う。『君の名は。』の主人公とヒロインは美男美女で、言ってしまえばリア充カップルの話である。僕のような最近流行りの陰キャラからしてみれば、2次元フィクションでなければ絶対に感情移入できない奴らである。実際、劇場を見回してみても驚異のカップル率、リア充っぽい人率であった。彼らはきっと『時かけ』も好きであるに違いない。

 

ちなみにどうでもいい話だが、僕は昔『時かけ』がかなり苦手だった。ヒロインと男友達2人の三角関係という設定に謎の嫌悪感があり、彼ら自体にそもそもDQNくさいものを感じた。そして最終的にあのチャラい奴とくっつくのが気に入らなかった。あのチャラい奴は、僕の高校時代に当てはめてみれば、だらしなく制服を着崩して椅子にふんぞり返って座り、体育のときには運動が苦手なやつを罵倒しせせら笑い、女の子にセクハラをはたらいても許されるのは勿論むしろモテるという、そういう連中とダブってしまうのである。いや、作中の彼は見た目がアレなだけでそういうキャラではないということはわかっているのであるが、彼とヒロインがくっつくのをみたときに「あー女の子ってやっぱりチャラいのが好きなんですね…」との寂寥感を覚えたことは事実である。

 

そんな僕はその昔「『時かけ』おもしろいよねー」「チアキかっこいい」と話していた人たちに「この映画を好きだという人とは分かり合えない!オタの皮を被ったリア充め!!」と割り込んで白い目で見られたやばいやつである。誰も僕なんかと分かり合いたくもなかろう。あの頃は若かった。

 

おわり

疲れてますアピール

先週忙しかったこともあり、今週はほとんど休みみたいなものだった。白目で働いていた先週の時点では、この休みを心待ちにしていたものだったが、いざ入ってみると特に何もやることがなくて無為に過ごしてしまった気がする。今もこうしてブログなんか書いているが、もう寝る以外にやることを思いつかないからである。

 

あと、疲れが抜けていなくて心身ともにダルい。自分でも言われて気づいたが、発言がかなり荒んでいたらしい。観ていたテレビにあれこれといちゃもんをつけていたら、帰省していた弟から「お兄ちゃんそんなに口悪かったっけ…?」と愕然とされた。自分では特にそんな認識をしていなかったので聞き流していたが、その後「ちょっと会って話さないか」と知り合いから誘われてホイホイ行った先で、やはり「お前ってそんなに口悪かったっけ…?」とドン引きされたので、ああこれはマズいヤツだなと思って反省した。

 

NEET時代にも定期的に荒む時期があって、その際もよく「口が悪くなってる」とか「ネガティヴ臭い」とか「大丈夫、犯罪おかしても友達でいてやるから。な?」とか言われていたことを思い出した。逆に言うと、思い出すまで忘れていた。これはいかんと思う。NEET時代のことを忘れたらいかんと思う。あれは他人から見ればただの黒歴史だが、僕からすればアイデンティティに根深く関わっている期間なのだ。あの頃の僕に戻るのはいけない。しかし、忘れてはいけないのである。危うくアイデンティティを喪失するところだった。紳士だ紳士、紳士にならねば。「えっ…こんなに常識があって優雅な方なのにNEET期間があるんですか…!?」と驚愕される人間にならねば。

 

ちなみに、ちょっと会って話したその知り合いからは「なんかお前、辛気臭い顔をしている上に何かとマジレスしてくるから、ずっと身構えとかないといけない。話してて疲れる。もう少し気楽に話させろ」と言われた。これは最近自分の中でずっと悩んでいたことで、図星もいいとこだった。ああなるほどその通りだなあと素直に思い、反省して、何だか少し気が楽になった。なったが、自分から「話さないか」と誘って呼び出しておいて何たる言い草だろうか。まあケーキを奢ってくれたので許す。

 

あとここ数日の休みで何かしたかといえば、軽く資格試験の勉強したことと、前々から変えようと思っていたブログアイコン(ついでにLINEアイコンも)をどうしようかと数時間悩んだ挙句かなりテキトーなものに変えたことと、ゲオで買ってきた『GジェネDS』くらいである。何かと評判いい作品ですけどほんとに面白いですね。今のとこジオンが主役視点で新鮮。

 

しかし、こうして疲弊しているのはここ最近の仕事の量のことだけではなくて、根っこにある不満みたいなものが少なからず影響してストレスになっているのかと思う。仕事のやり方とかこだわりとか、働く上で重要なことだしやりがいにも関わってくることだし、対立することもあるだろうが、それでお客さんに迷惑かけたらダメだと思う。給料を貰っているから割り切ろうといつも思うが、やはり許容できる範囲には限界があるのかもしれない。

 

はあ、明日コンビニでGABAでも買おう。

 

おわり

脱出計画

汚い話になるが、最近トイレで大きい方をすると「めまい」のような現象が起きる。具体的に言うと、視界がズームアップしたりズームアウトしたりするような感覚が交互に続くのである。僕は「ひょっとして『STEINS;GATE』よろしく運命探知の魔眼に目覚め、排便をきっかけとして世界線移動をしているのでは…?」との仮説を立てたが、同居している弟にそのことを話したところ「死ね」という辛辣かつ平常運転な回答を頂きました。少なくとも弟が優しい人格を持った世界線には移動してないようである。

 

それにしても、最近はお腹にまつわる不調が多い。正直お盆シーズンの仕事はちょっとキツイシフトだったのだが、謎の腹痛に継続的に見舞われていてキツさに拍車をかけていた。最初に比べると治ってきて、常時痛いということはなくなったのだが、仕事中に何かしらストレスを感じるとすぐにお腹にくるのである。それも神経的な痛みではなく、純然たる便意が牙を剥くのでタチが悪い。で、トイレに行けば行ったで冒頭に書いたようなめまい現象が起こるので、身体に何かしらの欠陥が出ているのではと疑っているお年頃の今日この頃である。

 

お年頃といえば、うちの下の弟がいい歳をして実家に戻ってきたいとの要望をぶち上げてきた。突然の話で恐縮だが、僕には近年珍しい人数の弟がいる。具体的に何人であるかは僕のミステリアスなイメージを維持するために伏せておくが、まあそのうちの1人(20代独身)が実家に戻ってきたいというのである。何でも家賃と光熱費を浮かせたいとかいうとんでもない理由で、僕としてはかなり難色を示している。うちの実家はすでに、僕(20代独身)ともう1人別の弟(20代独身)という二大巨頭を擁する家庭であり、不埒な動機で参入されたら困るのである。まったく、いい大人なんだから家賃と光熱費くらい自分で払いなさい! ということである。

 

…とかいう棚上げクズ発言は冗談として、まあ弟が帰ってくるならば、僕も入れ替わりがてらそろそろ本格的に家を出ようかと画策している。大体、息子が三人も実家に住み着いてみろ。親からすれば悲劇以外のなにものでもないだろうが。松野家じゃねえんだぞ。と、そう考えられる程度には僕の思考もまだまだまともなのである。が、世知辛い話お金がない。

 

まったく、人生の行き先というのはなかなか不透明なものである。同年代の皆様がマイホームだの車だのを購入しているというのに、僕ときたら「洗濯機高いなあ…コインランドリーでいいかなあ…」などと考えている。なんという不甲斐なさ。人生不透明どころか終わってる。まあそんな風に嘆いてみても、どれもこれも悪いのは僕である。今更どうこう言っても仕方がない。ただひとつだけ愚痴らせてもらえるとすれば、本当に不思議に思うことがあって、僕と同じくらいの年収(のはず)で、しかも実家暮らしもでもない同僚の人たちが、続々と車を買い替えたり旅行に行ったりできているのはなぜなのだろうか。もしかして、僕は単純にお金の使い方が下手くそな奴なのだろうか。

 

おわり

オリンピックDAYS

世間ではいつの間にかオリンピックが始まっていた。この世界的お祭りの期間中、スポーツにとことん興味のない僕は、周囲の話題にほとんどついていけない。こうなってしまったのは、そもそも小学校とか中学校とか、あの辺りの義務教育期間のせいである。あの頃は、運動神経が悪いというだけでスポーツに興味を持つことを許されない空気があった。僕ごときノロマクズがスポーツ選手の名でも口にしてみろ。「おまえ、運動神経悪いくせに一応選手の名前は知ってんのな!」的な嫌味を言われるのである。「僕もこないだの『スラムダンク』観たよ!」などと言ってみろ。「おまえ、バスケできないくせにスラムダンクは観てるの!?」とか言われるのである。これはもはや迫害。スポーツ嫌いになること必至。必然。だというのに、大人になった今は「オリンピックを観るのは社会人としての嗜み」「世間の話題についていく意識を持つことは常識」「同じ日本人が頑張る姿を応援しないなんて信じられない」等々のお叱りを受けるのである。ああ、人生ったらなんて理不尽。

 

 そんな僕ではあるが、スラムダンクよろしくスポーツ系の漫画やら映画はわりと好きである。今期アニメで放送されている『DAYS』というサッカーアニメも毎週そこそこ楽しみにしている。このアニメはサッカー超初心者の主人公が強豪サッカー部に入ってあれやこれやするというお話なのだが、今のところ主人公の隠されていた才能が爆発して大活躍する的な、ありがちな展開はない。しかし、主人公たるつくしの素直さ、明るさ、可愛さ、前向きさ、ひたむきさが、チームメイトたちの心を確実に動かしていく。強豪サッカー部にド素人が1人混じるなど、現実ではとんでもないことになりそうだが、このアニメのキャラクターたちは、つくしと関わり、彼の素直で純粋な性格に触れ、努力を知り、認めていく。つくしの努力はすぐさま試合で発揮されて活躍に繋がるわけではないが、チームメイトひとりひとりの心に強く響いていくのだ。チームメイトもまた、ド素人たるつくしの努力を受け入れるあたたかさや大らかさを持っている。

 

ひたむきな努力に対して「必ず誰かが見てくれている」「きっと誰かが認めてくれる」という優しいアンサーで答えてくれるこのアニメは、現代社会で日々報われぬ努力を重ねている人々を穏やかな気持ちにさせてくれることだろう。おすすめである。まあ原作は結構出ているみたいなので、あくまで「今のところは」であるが。

 

しかし、こうした優しい土壌が小学校中学校でも構築されていれば、僕もここまでのスポーツ嫌いにはならなかったのかもしれないのになあ…と思ったが、僕はつくしのように素直でも可愛くもないのでやっぱ無理である。

 

おわり

とりとめもない話17

・唐突にサンダルを買おうかと思った。足もとが暑い気がするのだ。が、ファッションに別段興味のない僕は、サンダルを履いて街に繰り出すという行為が一般的であるのかどうかよく知らないのである。このまま勢いでネット注文したとして「いやいや、男でサンダルとか小学生かよ」なんて話にでもなれば、小学生レベルのお小遣いしか保有しない僕にとっては死活問題となる。日頃からもっと人を観察し、オシャレを取り込む習慣を持つべきであった。

 

・以前同じようなことを書いたが、そもそもサンダルをネットで買おうとしていることは、ほとんどギャンブルなのではないかと思う。服は小さくても痩せれば着れる。大きければ太ったときに使える。しかし、足はどう足掻いても小さくも大きくもならないのである。サイズが違えばどうしようもない。であれば、店に行って買うのが正常な判断であると言える。が、僕は最近再確認したが、服屋だの靴屋だのというファッションストア的な場所、あれは僕にとっては服やら靴を買うところではない。単なるリア充の職場である。

 

・彼らはすごい。こないだもファッション業界の方でこそないが、見るからに己への自信に満ち溢れた方が、僕の知り合いとソッコーで仲良くなっていた。その知り合いは、普段からリア充DQNについて批判的な見解を示し僕と意気投合していたはずであったのに、あっさりとその話術に陥落していた。僕は大変裏切られた気分となったが、まあそうした展開はこれまでの人生で幾度もあったので慣れたものである。

 

・僕はその知り合いと異なり、リア充DQNの方々にガチで見下され嫌われるタイプである。しかも、大抵初対面からそうである。彼らは、他の人にはニコニコ笑顔で話すのに、僕が勇気を出して声をかけてみると、途端に冷徹な目を向けてくるのだ。なぜなのかわからないが、たぶんもうこれはどうしようもない因縁的な何かがあるのだろう。もはや運命感じるレベル。この感じを心から理解してくれる人はいないものか。ああ、どうせみんなああいうタイプと仲良くしたいんでしょ。ああいうタイプがモテるんでしょ。ちっ、裏切った知り合いの野郎はもう死んだものと思います。

 

・まあ、僕は僕でそのとき「何だこいつ、何ザイルトライブなの?何代目何ソウルブラザーズなの?」だとかそんなことを考えていたのでどうしようもない。彼らはそんな僕の腐った性根を見抜いているのだろう。そうです。すべては僻みです。

 

・話は変わるが『ポケモンGO』はもう何となく飽きてきた。というか、疲れてきた。スーパー自意識過剰マンの僕としては、外でスマホをいじる度に『ポケモンGO』をしているのではないかと疑われることにもう耐えられない。職場でもスマホを取り出しただけで「おっ、おっ、なになに?ここポケモンいるの?」だとかからかわれる。うるせーよ、お前にモンスターボールぶつけんぞ。

 

・そういえば『ポケモンGO』って書いても大してアクセス数変わりませんでした。

 

おわり