読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

新生活の開始

4月に入り新生活が始まりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。僕は親の車をぶつけて借金生活をスタートさせました。保険適用なしで修理費用は約40万円也。この話を聞いた弟の第一声が「ダセェwww」でした。僕もそう思います。何が悲しくて30越えて親…

不審者は君だ

こないだ電車で僕なりの善意から女子中学生に話しかけたのだが、危うく事案を発生させるところだった。自分よがりの考え方や押し付けの善意は良くないということを身をもって学んだ。僕はもう二度と必要以上に知らない人と関わらないし、何かあったとしても…

老いを受け入れる

年が明けてからというもの、どうにも体力面に不調が続いている。仕事の疲れが休日中に回復しきっていないようで、常にどことなく疲労や倦怠感につきまとわれている。そのきっかけは、老いを受け入れ、疲れを自覚するべきだと考え始めたことにある。よくよく…

血のバレンタイン

バレンタインデーを明日に控えた今日この頃、皆さまいかがお過ごしだろうか。僕はもういい歳なので「もしかしたらあの子からチョコ貰えるかも!」とそわそわすることもなく「バレンタインデーとはお菓子会社の陰謀なのだ!」と聞きかじり知識を叫ぶこともな…

あけまして

あけましておめでとうございます。毎日更新から不定期更新に減らして以降、アクセス数はガンガン下がり、日にゼロ件ということも珍しくない当ブログですが、読んでくれている方いらっしゃいましたら、今年もよろしくお願いします。 極めてどうでもいい話です…

無気力

部屋が汚い。すごく散らかっている。ここ二、三ヶ月くらい片付けをしていないし、パンパンに膨れ上がったゴミ袋がいくつも転がっている。最後に掃除機をかけたのもいつか分からない。「なぜこんな惨状に」と自問してみても、これといって明確な答えは見つか…

先週の今頃は

「先週の今頃は〇〇してたなあ…」と、楽しかった過去に思いを馳せることは誰にでもありますけども、それにしてたって、なぜ今と対比するような形で過去を思い出してしまうのかというと、それは目の前の今がつまらなかったりストレスになっていたりするからに…

老い

最近「歳をとったな」と感じたことといえば、トイレで小用を足すために男性器を取り出そうとした際「よいしょっと」という声を無意識に出したことだ。僕は自分がおしっこをするためだけに掛け声を出したという事実に驚愕し、さらに、用を終えたあとどことな…

必要以上に好意的な『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影』の感想

※ネタバレあります 『タートルズ』とは何か、知らない人のためにざっくりと説明すると「変な液体を浴びて人型に変質した4匹の亀たち(=タートルズ)がヒーローとして街の平和を守るぞ」というお話で、アメコミが原作。これまで何度かアニメ化や実写映画化され…

青春SFラブストーリー

仕事量はそこまで多くないはずなのに、この疲労感はどこから来ているのか。昨日も仕事が終わる頃には頭の中がごちゃついてよくわからない感じになっていて、どうやって帰宅したのかほとんど記憶にない。ぼんやり覚えているのは、自転車を押している体が自分…

疲れてますアピール

先週忙しかったこともあり、今週はほとんど休みみたいなものだった。白目で働いていた先週の時点では、この休みを心待ちにしていたものだったが、いざ入ってみると特に何もやることがなくて無為に過ごしてしまった気がする。今もこうしてブログなんか書いて…

脱出計画

汚い話になるが、最近トイレで大きい方をすると「めまい」のような現象が起きる。具体的に言うと、視界がズームアップしたりズームアウトしたりするような感覚が交互に続くのである。僕は「ひょっとして『STEINS;GATE』よろしく運命探知の魔眼に目覚め、排便…

オリンピックDAYS

世間ではいつの間にかオリンピックが始まっていた。この世界的お祭りの期間中、スポーツにとことん興味のない僕は、周囲の話題にほとんどついていけない。こうなってしまったのは、そもそも小学校とか中学校とか、あの辺りの義務教育期間のせいである。あの…

とりとめもない話17

・唐突にサンダルを買おうかと思った。足もとが暑い気がするのだ。が、ファッションに別段興味のない僕は、サンダルを履いて街に繰り出すという行為が一般的であるのかどうかよく知らないのである。このまま勢いでネット注文したとして「いやいや、男でサン…

とりとめもない話16

・街中でスマホをいじっている人を見かけるやいなや、まず『ポケモンGO』のプレイを疑うレベルになってきている。かくいう僕も御多分に洩れずインストールしてみたが、そこまで重度にハマっているわけでもないので特に語ることもできなければ、攻略法につい…

迷惑メール担当

最近、iphoneのメッセージアプリに迷惑メールがとめどなく来ていて、ここ3日だけで200件ほどに達した。拒否しようにもアドレスがすべてバラバラでかなわないので放置するしかない。カテゴリ的には出会い系か何かのようだが、毎回内容が違う上に勝手に話が進…

勇気を出して遊べ

ここ最近おかしなシフトで働いていたせいか、頭がおかしくなっていたようである。少し寝て落ち着いたのでだいぶ回復したが、昨日の勤務終了前の3時間はほんとにヤバかった。隙あらば時計の針を眺め、遅々として進まぬ時間に対して苛立ちを隠そうともせず、呼…

とりとめもない話15

・本日僕の精神はかなり弱り切っている。あれはほとんど精神的陵辱であったが、僕は怒ることも泣くこともできなかった。すべてはなされるがままであった。うす汚い作り笑顔を無理矢理貼り付け続けた。僕は自分の中の大切なものを切り売りした。それは、ある…

そっちで勝手にやってろよ

かなり捻くれたことを書くが、僕は芸能人でも著名人でもないくせに、無断で写真を撮られることに強く抵抗を覚えるものである。勝手にパシャパシャ写真を撮りまくるデリカシーのかけらもない人たちが、僕が写っている写真をこれまた何の考慮もせずにフェイス…

スピリットサークル読んだ

買ったきり読んでいなかった『スピリットサークル』6巻にして最終巻を読みました。僕はあまり作者買いはしないんですが、この作者さんの作品はどれも好きで、特に『惑星のさみだれ』最終巻はもうほんとに人生で読んだ漫画の中で一番感動して、この上ないくら…

とりとめもない話14

・ふぇぇ、雨が凄すぎて死にそうだよぉぉ!! ・最近すれ違いざまに聞こえてくる雑談が全部中国語に聞こえる。 ・ついに住民税が引かれた。僕の魂も連れて行かれた。 ・そんな事態を前にし、お金の使い方の見直しを行った。ちょっとネットで調べたところによ…

シュークリームせんべい

昨晩、居酒屋でトイレに行ったときのこと、僕はわりと酔いが回っていたのである。「酔っ払いは箸が転がっただけでも笑える」というような話もあるが、そのときの僕はまさにそれに近い状態であったのかもしれない。トイレに置いてあったスリッパを履こうとし…

とりとめもない話13

・『極黒のブリュンヒルデ』の最終巻を電子書籍で読んだが、意味不明過ぎてよくわからなかった。これまでずっと楽しみに読んできたのに残念だった。 ・最近アニメを観ていなかったが、すごい気まぐれで『ドラゴンボール超』の一番新しい録画を観た。なんか未…

とりとめもない話12

・今月の給与から住民税が天引きされるらしい。戦々恐々としている。いや、齢30近くにしてはじめて住民税を払うことに対してはもちろん思うところがある。が、それはそれ、金は金である。試算してみたが結構な額を持って行かれるようなので、少し身構えてい…

朝ドラベーシック

朝ドラ(録画)のヒロインが過酷な目にあっていて胸が詰まる思い。時は昭和。ヒロインはタイピストの新入社員として働き始めたばかりなのだが、職場の女上司に認められておらず、タイプではない雑用ばかり押し付けられたり、仕事すらろくに与えられなかったり…

とりとめのない話11

・今日回転寿司に行ったが、未だに「くら寿司」と「はま寿司」と「かっぱ寿司」の区別がつかず、今日行った所もどれだったのかよくわからない。・こないだ電車に乗っていたら、高校生くらいの女子がパズドラをやっていた。その隣でも、高校生くらいの男子が…

インドア王子

今朝コンビニに寄ったんですけど、店を出るときに傘立てに置いておいた傘を回収しようとしたら、なんと僕のとまったく同じ傘(無印良品のやつ)がもう一本刺さっていまして、一体どっちが本当の僕のものなのか見分けがつかず、結局「僕はコンビニの傘立てに傘…

すごい今さらバケモノの子感想

※以下『バケモノの子』ネタバレあります※ 『バケモノの子』がテレビ放送されるらしい。僕は『サマーウォーズ』も『おおかみこども』も好きだったので、『バケモノの子』もそれはもう喜んで劇場まで観に行ったのである。が、鑑賞後の感想としては「前二作に比…

落ち着かないネカフェ

生まれて初めてネットカフェに来ているが、思ったよりも落ち着かない。あえて他のたとえをするなら、出先で個室トイレに入っているような感じ。ブースは想像より衝立置いてあるだけ感が強いし、外を頻繁に人が通って行く気配がするし、隣のブースからもカチ…

脂肪肝ですね

健康診断がある。僕はこれまでの人生でこれといって再検査を命じられたこともないので気楽に考えているが、そろそろ何らかの欠陥が出始めてもおかしくない歳だと周りの人が脅してくるのである。こないだ先輩からも「個人年金に入った方がいい」「医療保険に…

服がない・夏の陣

暑くなってきた。衣替えを考え始める時期だが、替える衣がない。春先に一度、同じような話を書いた気もするが、僕は服を買うのが大変苦手である。キラキラスマイルのオシャレ店員さんに対してどうしても謎の劣等感を感じてしまい、店の敷居を跨ぐことすらま…

VITAちゃん

誕生日に貰った1万円分の商品券をずっと使っていなかったので、そろそろ何か買ってやろうと考えていたのである。結果、本日僕は『PS VITA』のユーザーとなりました。おめでとう僕。思えばゲーム機を買ったなんて何年ぶりだろうか。最近手に入れた中で一番新…

ポカリスエットと麻薬

先日風邪を引いて以降、僕はポカリスエットに絶大な信頼を寄せている。ポカリスエットの何がいいかって、すごく気持ちが良い汗が出るのである。夜、歯を磨く前に飲んでから寝てみて欲しい。寝汗が多めに出るが、その寝汗の爽やかさといったらこの上ない。体…

コーンフレークの人

休憩中だが、最近どうにも集中力が欠如している気がする。1人の大人としてこんなことではいけないので、精神を落ち着かせなければならない。僕の書道の先生は昔「精神を集中するときは目を閉じ、真っ暗になった視界の中心に、さらに黒い点を思い浮かべなさい…

脳内ハムスター

ほんと、久しぶりに寝坊したかと思って肝が冷えた。いつもiphoneで目覚ましをセットしてから寝るのだが、昨日はかなり重大な調べ物があって、そのiphoneでググりまくりつつ「あーねむいねむいめざましかけとかないとやばいやばい」とかぼんやり考えていたら…

気まぐれの話

痛恨のミスであった。夜勤にモバイルバッテリーを持っていくのを忘れたのである。極力スマホに触らないよう心がけたが、今朝起きたときの電池残量は40パーセントを切っていた。その後みるみるうちに減少し、ついには17パーセントまで低下。夜勤後休憩を挟ん…

片付けと発掘の話

今日は1日部屋の片付けに費やした。まず買ったきり開封もしていないフィギュアやゲーム類を思い切って売り払うこととし、ダンボールに詰めて某買取ショップへ配送する手続きを済ませた。さらば、様々なフィギュアたち、ゲームたち。次は僕のような買って満足…

太い星のもとの話

ようやく60キロ代へ帰ってきた。何がって体重のことである。毎朝乗っている体重計が示す数値は、現在68キロ〜69キロ。ギリギリではあるが、70キロを安定して切るようになってきたのは大変喜ばしいことである。3月の時点で平均73キロくらいだったので、体重自…

43万8000円の話

昨晩、大学時代の先輩にご飯を奢ってもらった。その際に聞いたのだが、先輩はペットショップで子猫(メス)に一目惚れをされたらしい。「された」というのは誤字ではない。ペットショップのケージの中からその子猫は、他の客には目もくれず、先輩の方にだけ熱…

噂話の話

噂話というのはオヒレハヒレがついて勝手に泳ぎ回っていく怖いものだが、最近特に怖いと感じたのは、その噂話という名の魚を放流した主がなぜか僕だとされていたことである。僕は普段から極力余計なことを話さないように心がけているものであり、なぜかよう…

ヤモリ先生の話

玄関を出たすぐのところで、ヤモリ的な爬虫類がお互いの腹をガッツリ噛み合ったままピクリともしなかったのである。写真を撮ってアップしようかとも思ったが、正直グロ注意にもほどがある衝撃映像なのでやめておいた。が、僕はこうした爬虫類だとか虫だとか…

平日昼間の話

いい天気である。今僕は布団に仰向けになり天井を眺めている。天井は白い。シミひとつない。前に住んでいた家は何だかんだ築20余年であったので、天井は汚かった。たぶん、あそこに住んでいたことにより寿命が縮んだと思う。この家はできるだけ汚さないよう…

眠たい話

電車で四人掛けの向かいの席に外国の方が乗ってきたのだが、アフリカ系っぽくかなりの巨漢であるように見えた。スーツらしきものを着てジェラルミンケース的な物を持っていたので、何らかのビジネスマンだと思った僕だったが、どことなく堅気ではないような…

とりとめのない話10

・ブログアイコン変えました。・部屋の掃除をしようとしたのだが、物が多すぎてどうにもこうにもならない。具体的に言うと、まずかなりたくさんの物を部屋の外に出してしまわないと掃除機なり雑巾なりをかけられないのである。近い内に処分活動を行おう。・…

小説『銃』を読んだ話

前々から少しずつ読んでいた『銃』という文庫を読み終わった。小説で、主人公の大学生が偶然拾った拳銃に魅了されていくというお話。たぶん読み終わるのに一ヶ月くらいかけたが、読みにくかったとかつまらなかったとかではなくて、ここ最近、僕の本を読むペ…

やがて世界平和の話

昨日は大学時代の先輩と後輩の結婚式というおめでたい日でした。結婚式に出席させて頂くのは人生で初めてのことで、一体どんなものなのか想像もついていなかったのですが、皆が自然と笑顔になってしまうような超絶幸福空間であったことだけは間違いありませ…

海と爺さんの話

本日大学時代の先輩と後輩の結婚式というおめでたい日でした。結婚式に出席させて頂くのは人生で初めてのことで、一体どんなものなのか想像もついていなかったのですが、皆が自然と笑顔になってしまうような超絶幸福空間であったということだけとりあえず書…

ぶれぶれの話

前々から思っていたかなりどうでもいいことなのだが、僕は人の文章を読むと無意識に文体を似せようとしてしまう癖があるようである。何かしら本を読んで「この本面白いなあ」と感じたあとにブログとかを書くと明らかにいつもとノリが変わる。もちろん「似せ…

ナルシストになりなさいの話

「字を書くときはナルシストになりなさい」というのは、とある書道家の名言である。その書道家とは僕が子供の頃住んでいた家の近所にあった書道教室の先生である。ちなみに別にテレビに出たことがあって有名だとかそういうことはなく、普通の習字の先生であ…

休日をどう過ごそうかなというすごくどうでもいい話

明日から3日間休みである。三連休などいつぶりだろうか。心が躍る。躍るが、土曜日に大きな予定がひとつある以外はこれといって特に何もない。起きて、ログインボーナスを回収して、ごはん食べて、溜め録りアニメを少し消化して、積んでる本を少し読んで、ご…