Medapani Blog

メダパニブログ

腹式呼吸の話

最近仰向けで寝ようとすると寝付いて数分で目がさめる。息苦しいのだ。原因は慢性鼻炎からくる何かなのか、太ってきたことなのか定かではないが、まだそんな症状を発症する年齢でもないと思うし、このままではいけない気がする。その昔肺活量を計測したとき、僕の肺活量は同年代平均の1/3しかないと言われた。苦手だった体力測定のソフトボール投げでさえ同年代平均飛距離の1/2は叩き出していたというのに、この肺活量はやばいと思った。そのまま放置したツケが今きているのだろうか。

とはいえどう訓練したら改善するものかもわからない。腹式呼吸でもマスターしてみようかと思ったが、できてるのかできてないのかイマイチよくわからなかった。学生時代に吹奏楽部の人が「自分は常に腹式呼吸だ」と言っていた。彼はたしかによく通るいい声をしていたと思う。僕は「呼吸の方法を変えるなんて生物進化と同じじゃないか。もう人間じゃねえな」と考え間に受けていなかった。アホな嫉妬をせずにコツを聞いておけばよかったと思う。

何度かお腹に空気を送り込むのを意識して深呼吸すると、普段からとてつもなく浅い呼吸しかせずに生活しているような気がしてきた。これが腹式呼吸なのかは判断のしようもないが、とりあえず僕の呼吸機能が明らかに退化していることはたしかだった。腹式呼吸を体得するために、僕は人間をやめよう。

おわり