読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

自己主張の話

うどん屋に行った。カツ丼にするかそばにするか迷ってカツ丼を頼んだあと去って行こうとする店員さんを呼び止めてやっぱりそばでと注文し直した数分後、両方運ばれてきた。お腹いっぱいになった。

知り合いがこないだ「うどん屋でうどん頼んだらツユがぬるかったから文句言ったらタダにして貰えた」とか言っていて、僕はこの人ヤバいやつだと思ったんだけど、それにしても僕は気が弱すぎるというか店員さんに気を遣ってしまいすぎな気がする。

先日も別のうどん屋で天ぷらそばを頼んだことがあって、食べていると店員さんがやってきて「すみません、麺かたくないですか? 調理時間間違えちゃいまして」と言う。たしかに麺はかたくて、表現するのであればカップラーメンを2分で開けちゃったときのかたさであった。
件の知り合いのように文句のひとつもつければタダにして貰えたのだろうが、僕は「あ、僕かた麺派なんで」とクールに決めてやった。店員さんは謝って去って行ったが、厨房に帰るなり「かた麺派だからいいってさー!」と大声で言っていた。いや、自分で言ったことだし間違ってはないのだが、なぜかバカにされている気分になった。ラーメンじゃねえんだぞ。ちなみに僕はかた麺派でもなんでもない。

決してクレーマーにはなりたくないが、それにしてももう少し自己主張をしていきたい。「僕はジ◯ニャンって全然可愛くないしぶん殴りたいと思う」と妖怪ウォ◯チ大好きな子供に言えるくらいにはなりたい。

おわり