Medapani Blog

メダパニブログ

ゲームと冒険の話

弟がPS4の進撃の巨人を買ってきたので少しやらせて貰った。モンスターハンターみたいな感じなのかと思ったら、どちらかというと三國無双とかに近い気がした。弟によると作った会社が同じらしい。

そのこととは直接の関係はないんだけども、ゲームつながりで最近思うことがある。「ゲームをしない時間のゲーム」についてだ。

僕は子供の頃ドラゴンクエストが大好きで、ゲームが出来ない日(ゲームをしていい曜日が決められていた)もずっと攻略本を眺めながらドラクエのことを考えていた。まだ到達していない町やダンジョンのマップからストーリーやギミックを予想し、装備品のイラストを見てイメージを膨らませ、どっぷりと仮想の世界に浸っていた。実際にテレビに向かうとき以外にも、あれやこれやと旅の計画を立て、モンスターの攻略法を考えゲームを楽しんでいた。まさに冒険をしていたのだ。

でも、大人になった今はいつでも好きなときにゲームができるし、攻略法もネットにたくさん掲載されている。詳細な攻略法のとおりにプレイするゲームはもはや作業になっていて、自分で思考していない。楽しむことではなく、クリアすることが目的になっているのかもしれない。「ゲームをしない時間のゲーム」をまったくやらなくなってしまった。

ゲームがつまらなくなったと言いたいわけでも、昔のゲームはよかったと言いたいわけでもない。おそらく、つまらなくなったのはゲームを全力で楽しめなくなり、冒険の仕方を忘れてしまった僕自身である。寂しいことだ。

おわり