Medapani Blog

メダパニブログ

買って満足フィギュアの話

現状にしたって不安定な生活を送っているのだが、少し前にまったく収入がなく、貯金を切り崩しつつ身の周りのものを売りながらお小遣いにしていた時期が結構な期間あった。僕はアニメやゲームの他にも、食玩とかも好きで色々集めていたので、売れるものは割と多く手元にあったのである。

余談になるが、あの時代の僕の金銭感覚ときたら、氷でできた刃のごとく研ぎ澄まされていた。数百円あまりを節約するため、基本的に料金の発生する乗り物には乗らない。お菓子やジュースなどの嗜好品には絶対手を出さない。ゲームや漫画もダメ。洋服や靴などもってのほか。仕方なく日用品を買うときには近隣のドラッグストアを何件も回り数時間かけて比較するなどなど……あれ、こうして改めて挙げてみると普通の節約家レベルな気がする。氷でできた刃(笑)。
ともあれ、たまにお金を得たとしても、その使い道は極めて少なかった。最低限まで料金を抑えた携帯代。TSUTAYAでレンタルする旧作100円のDVD代。近くの古本屋で買う50円の文庫代。それくらいだ。TSUTAYAでたまに準新作100円・旧作50円とかのセールが行われたときは本当に嬉しかった。
僕はもともとお金に執着するタイプではなかったし、実家というフィールド魔法カードを最大限駆使する寄生虫パラサイドもびっくりのデュエリストだった。でも、この時期ばかりはガラッと金銭感覚も価値観も変貌して、いかにお金を使わずに生きるかを考えるようになり、物欲が消え失せた。僕はこの「追い込まれてなお働くという発想を持たず、切り詰めることしか考えない」というゴミのような本性を自覚できたことに対し、かなり貴重で大切にすべき経験ができたと思っているものである。

収入がない生活についてもう少しだけ話させてもらうと、ちょっと前に長谷川博己と杏の「デート」という月9ドラマがあった。その劇中で「僕は本当にお金のかからない人間だ。DVDと本と、あと少しのフィギュアが買えるくらいの小遣いがあればいい」というような台詞があったと思う。あれは本当によく無職やニートを研究しているか、自身にニート経験が無ければ生み出せない素晴らしい台詞である。すべてのニートがそうというわけではない。しかし、ニートにとって、あれは単なる自虐ネタにとどまらない「あるあるネタ」なのだ。
 


……で、話を戻すが、資産を切り売りしてお小遣い稼ぎしているときに学んだのが「僕みたいなにわか野郎は、フィギュアって買った時点で満足しちゃうね」ということだった。収入がなくなる前から買っていたフィギュアが、未開封のままゴロゴロ出てきて、大量に売り払ったけど全然後悔しなかったからだ。

というわけで、今現在もフィギュアを買うのはなるべく避けているんだけど、今回なんと買ってしまったものがありましてそれがこちら。

f:id:misakikun02:20160226164717j:image

「ロボット魂 RX-78-2 ガンダム ver.A.N.I.M.E」
である。

なんでこれに手を出したかというと、その名の通り「アニメ版のガンダム」でして「アニメと同じ動きができるよ」という触れ込みの商品なんですね。もうすっごい惹かれた。

というわけで、せっかくなのでアニメと同じポーズをとらせて写真を撮ったので、以下にご紹介します。
興味のある方はぜひご覧ください。















f:id:misakikun02:20160325013116j:image
「殴ったね…!」




f:id:misakikun02:20160325012950j:image
「殴ってなぜ悪い!」




f:id:misakikun02:20160325013313j:image
「貴様はいい!  そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!!」




f:id:misakikun02:20160325013326j:image
「もうやらないからな!  誰が二度とガンダムになんか乗ってやるもんか!!」


どうですか、この原作ポーズの再現度。
僕はこの写真を撮れただけで、このフィギュアを買ったかいがあったと思いました。

では、シリーズが飛びますが新機動戦記ガンダムWのOPポーズでお別れしましょう!
さようなら!




f:id:misakikun02:20160316132344j:image




f:id:misakikun02:20160316132352j:image




f:id:misakikun02:20160325013335j:image




f:id:misakikun02:20160316132408j:image




f:id:misakikun02:20160316132416j:image



おわり