読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

聞き役の話

最近職場でよくあるのだが、ある人とある人の意見が正反対でぶつかり「さあどっちが正しいでしょうか」という展開になることがある。僕はどちらかというと優柔不断で八方美人の気があるが、それらを抜きにしても「どっちにも一理あると思いますし、どっちも無茶を言っている部分はあると思います」と素直に考えてしまい、どちらの味方にも付くことができないことが多い。これは僕自身に決断力が弱いことを知らしめ、立場を曖昧にしてのらりくらりとやり過ごそうとしている姑息な一面があることを自覚させて何だか憂鬱な気分にさせるのである。

しかして、そういった「どっちもどっち」という感想をストレートに抱くことは間違っているのだろうか、仮に本当に「どっちもどっち」であれば、決断力の弱さや立場を曖昧にしたがっている面とは関係ないのではないか、という疑問もある。であれば、2つの意見の妥協案など提案してみるのも良いのではないかと思うが「果たして僕ごときの言葉に耳を傾けてくれるのだろうか」と考えると間に割って入ることもできない。その上ぶつかり合う意見は大抵の場合において「極論vs極論」であるため、そもそも妥協案など提示しようがないのである。一体どうしたものか。

しかし、そうした頑なな信念を持っている人の話というものは、一対一で聞いてみると大変面白い。僕はそれを聞いて「なるほど」「たしかにその通りだ」「あの人はこう言っていましたがどう思いますか」などなど相槌を打ち、話し終わるとどこか満足気な思いになる。が、別の機会においてその人と正反対の意見を持っている人の話も同じように聞いてしまうため、結局自分はどっちの味方であるのかよくわからなくなってしまうのである。ただ聞かせてもらうだけ聞かせてもらい、自分の知識や情報にのみできたらいいのになあ、と考える今日この頃である。

おわり