読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

運動不足の話

最近、腰が痛い気がする。
腰痛というのは

1.「あれ、なんか痛い気がする」
2.「んん? ちょっと悪化してる?」
3.「あっ、痛い痛い」
4.「うぼぁ、え、これヤバい!  ヤバいって!!」

という段階を踏んで動けなくなるというのはかつて身をもって実証済みである。これの怖いところは3と4の間が極端に短いということ。時間に直すと数十秒から数分。一気に加速して勝負を仕掛けてくる。ジェットコースターのくだりのようなものである。これを経験した当時、僕は立ち仕事のバイトをしていたのだが、棚に寄りかかったきり動けなくなった。棚に寄りかかったまま「いらっしゃいませー」と呼びかけるバイトくんの態度は大勢の客に悪印象を与えたに違いない。その場はなんとか数十分で回復したが、それっきり動けなくなり救急車で運ばれるというパターンも充分にあり得た。恐ろしい話である。

原因はなんだろうかと考え、やはり運動不足かなあと思う。ここ最近、まともに運動をしていない。運動と言ってもアレである。フットサルとかボルダリングとか、そういうリア充めいたやつではない。散歩してないなとか、腕立て伏せしてないなとか、その辺のレベルである。とにかく冷や汗や脂汗以外の健全な汗をかいていないし、部屋にいる時間の大半は横になっている。というか、この日記も横になって書いてる。かなり健康に良くないと思われる。そりゃあ体重が8キロも増える。こないだ知り合いから「たまには一緒に遊びませんか」と誘われた僕は「何して遊ぶんですか」と返した。ひどいコミュニケーション能力である。しかし相手はさほど気にした様子もなく「普段テニスとかやられます?」と爽やかに聞いてくるのである。テニス!!  テニス!?   テニスですって!!?  僕は驚愕した。テニスって中高生が部活でする以外にやるものなのか!  僕にとって部活以外のテニスといえば、大学のサークルが名前だけ拝借して遊び回るイメージしかないのである。個人で率先して嗜むものでは断じてない。それがどうしたことか。彼は生活の一部にサラッとテニスを組み込んでいるのである。眩しくて目がくらんでしまう。生活の70パーセントを横になって過ごしているであろう僕にとって、ごく自然にテニスに誘ってくる彼は驚異的存在であった。なんて良い人なんだ。あなたは僕のような人間と付き合ってはならない。僕は「いやー、wiiスポーツくらいですかね」とデタラメを言ってごまかし、遊ぶのはまたの機会にというかたちとなった。そのまたの機会というのは、おそらく訪れることはない。

とりあえず今日は少し外に出る用事があるので、できるだけ運動不足を解消できるよう試みたい。普段運動不足だと、5分くらい歩いたら運動した気になれるので、それはそれで精神的には健康だと思う。

おわり