Medapani Blog

メダパニブログ

敗北!10連ガチャ!の話

f:id:misakikun02:20160311145004j:image
本日のふざけんな大賞


スマートフォン全盛期の今日、ガラケーを使っている友人や同僚をネタにして笑うという風潮がどこにでもある。しかして、ガラケーユーザーはガラケーユーザーで「ここまで来たなら」と意地を張り、己がガラケーユーザーであることに対して誇りと責任を抱いていることも多い。好きな方を使えばいいが、僕としては、ゲームとかできるしスマホ楽しいよと思う。

スマホ対応のゲームアプリは数々出ているが、冒頭の画像は白猫プロジェクトの10連ガチャのものである。ガチャというのはくじ引きであり、引くとランダムでキャラクターを仲間にできる。これをするにはジュエルというアイテムが1回につき25個必要。ジュエルはゲーム中で条件を満たすか、課金すると入手できる。で、10連ガチャというのは、ジュエルを250個まとめて使うことによって10回+1回分ガチャを引ける機能であるので、単発を10回引くよりお得なのである。僕はなんとかかんとかようやくためた250個のジュエルで今朝方、10連ガチャを引いたのであった。

ただ、たとえ10連ガチャといえど引けばそれで良いというものではない。ガチャから出てくるキャラクターにはレアリティがあり、レアリティが高いキャラほど出にくいのである。冒頭の画像を参照して頂きたいが、フードを被ったキャラクターの姿を確認できると思う。この画像のシーンのあと、フードを脱ぎ払ったキャラクターが正体を明かし、自分の使用キャラに加わるという演出になっている。

問題は、フードの色だ。白猫プロジェクトのガチャから登場するキャラクターのレアリティは1〜4までがあるが、そのうち1〜3はほぼ使う機会のないハズレキャラ。レア4にしてようやく戦力になるかどうかという扱いになる。1〜3は満遍なく出るが、レア4は滅多に出ない。これがフードの色にどう関係するかというと、ガチャを引くとレア1〜2は灰色のフード、レア3〜4は金色のフードを着て登場する。つまり灰色は明らかなハズレ。方や金色も「当たりの可能性がある」色ではあるが、すでに述べた通りレア4はほとんど出ないので「油断はできない色」でもあるのである。

ここでもう一度冒頭の写真をご覧頂きたい。説明すると、すでにレア1〜2のキャラ(ゴミ)が11体中9体を占めていることが決定しており、しかも残された金色フード2体の中身もレア3(ゴミ)である可能性が高い状況である。僕が数時間かけて集めたジュエル250個。それをただドブに捨てたも同義と化してしまう可能性が極めて高い、はっきり言ってクソのような引きなのだ。
そして明かしてしまうとこの後ドブに捨てたも同義と化したので今僕はテンションだだ下がりである。


f:id:misakikun02:20160311152759j:image
(ちなみに対照画像として平均的(もしくはややラッキー)な10連ガチャの光景を載せておく。今回の僕のガチャがいかにクソだったかお分かり頂けるかと思う)


ちなみにこのゲームはいつも髪を切ってくれているお兄さんに勧められて始めたものである。僕はガチャを外したあと、ゲオでDVDを借りたついでにお兄さんのお店に寄ったのだが、お兄さんが僕の借りた15禁の恋愛映画に興味を示したため、お店のパソコンで目的のシーンだけ一緒に観た。ショーウィンドウ越しに見えるお店の外の通りを、今日もお年寄りがのんびり歩いていく。その内側で僕らは昼間から中学生のように映画のラブシーンに批評を飛ばす。人間、スマホ使いかガラケー使いかは問題ではない。問題は使う人の中身なのである。

おわり