Medapani Blog

メダパニブログ

Miitomoとリアルtomoの話

『Miitomo』というアプリをインストールした。

まず『Mii』とは何であるかをご存知だろうか。任天堂のゲーム機である『Wii』シリーズや『3DS』シリーズで作成できるアバターのことである。
この『Mii』をつくり、『tomo』=「ともだち」とコミュニケーションを取ろう、というアプリが『Miitomo』の正体である。

僕は遊び心にかける人間であるため、こうしたアバターを作ったりキャラクターの名前を考えたりするのがすごく苦手である。
そこで弟に『Mii』を代行作成してもらった。
次の画像である。








f:id:misakikun02:20160319153620j:image
ずいぶん可愛いの上げてきたな

という率直な感想。
アバターは本人に似せて作るものであるという、僕の凝り固まった固定観念を破壊してくれました。
でもねー、僕これどこかで見たことあるなあ。
ほらあのPKなんとかって技を使う…

端的に言うと『MOTHER2』のネ…ネ…







f:id:misakikun02:20160319154323p:image
やっぱりネスじゃないか!!
なんだ「N氏」って名前は!!
申し訳程度にぼかすんじゃない!!

弟によると、ネスを作るかガノンドロフを作るか迷った末の選択らしい。なんなんだその二択は。

ちなみに「質問したい…」という吹き出しがあるが、これは『Mii』がしてくる質問にプレイヤーが答えることで、回答リストが作られ、フレンド間で共有できる…という仕組みらしい。たとえば「最近欲しいものは?」という質問に対して「不労所得」と答えると、それが回答リストとしてストックされる。回答は蓄積され、マイルームに遊びに来たフレンドに見てもらうことによって自分のことを知ってもらう。そうしたコミュニケーションを行うアプリとなっているのである。

で、このフレンドが曲者であり、TwitterFacebookか対面登録しか登録方法がない。僕はTwitterFacebookもしていないので必然的に対面登録しか道が残されていないが、対面登録できる人が近場にいないのである。いや、決して友達がいないわけではない。少ないけどいないわけではない。でもその数少ない友達も、会う機会がなかなかなかったり、この手のアプリに興味がなかったり、ガラケーだったりである。
フレンドがゼロの状態で何ができるかというと、誰にも閲覧されることのない『Mii』からの質問にひたすら答えるか、着せ替えを楽しむくらいしかない。ヤバい。

思えば1人で映画に行くのもファミレスに行くのもすっかり慣れきってしまった。元からないコミュニケーション能力は退化する一方。そのうち喋り方がカタコトになることだろう。
ともあれ、誰もマイルームに訪れない『Miitomo』を見て、僕は親近感と罪悪感を沸かせるのである。
すまん、N氏。僕に友達が少ないばかりに。

おわり