読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

とりとめのない話4

・『ハルチカ』が終わってしまった。今期視聴していた数少ないアニメだった。もともと原作を途中まで読んでいて、アニメ化とキャラデザが発表されたときは「おう…」と思ったものだったが、実際フタを開けてみたら違和感はなかった。毎週すごく楽しみにしていたわけではなくて、何となく観ていたくらいだったが、その分僕の生活に馴染んでいたのかもしれない。ずっと続くと思っていたものが急に去ってしまったような、かすかな寂しさを感じる。

・『ハルチカ』のいいところはアレだ、ハルタがホモだと公言されているので、チカちゃんとのやり取りを安心してみていられるところだ。この先恋愛に発展してベタな展開になるのでは…というような余計な引っかかりが潜在意識に生まれないのである。恋愛要素を排除した関係であるが故に、息の合った活躍と漫才のようなやり取りが変わらず続くことが約束されている。これは新しかった。ハルタくん、ホモでありがとう。

・そして彼の想い人である草壁先生は、毎回どこかで監視しているんじゃないのか?  というタイミングで登場して美味しいところをさらっていくナイスガイである。僕も草壁先生のような憂いと知性ある穏やかな大人に憧れるが、悲しいことに草壁先生は僕より歳下なのである。

・ところで今日は少し空き時間ができた隙に、ガシャポンをたくさん置いてあるところに行ってみた。僕はガシャポンが好きである。しかし、最近はデスクトップマスコット的な商品が本当に多いと思う。あのシリーズのハシリは『コップのフチ子さん』なのだろうか。

・しかも、あれらのシリーズは少し奇をてらったような商品が多い気がする。たとえばこういうやつである。
f:id:misakikun02:20160329184711j:image
・あとは『水際のジャミラ』とか『デスクトップにシャアが来る!』とかマニアックなところをついてくる。

f:id:misakikun02:20160329190755j:image

f:id:misakikun02:20160329190804j:image
・笑えるし、欲しくなることはたしかなのだが、「こんなマニアックな商品企画しちゃう俺分かってるわー」「こんなマニアックなもの買っちゃう俺カッコイイわー」というような空気を僅かながら感じるのは僕の心が汚いからだろうか。

・とはいえそんな僕も普通の人が見たら「なんじゃこりゃ」というのを喜んで買ったりするので人のことは言えない。こないだもデジヴァイスやタグのミニチュアを商品化したガシャポンを7000円分くらい回して販売機の中をカラにした。

・なぜそこまでやってしまったかというと、あまりに太一とヤマト関連のアイテムが出なかったからである。そしてカラにした結果、目的のブツはひとつも出なかったので、あのガシャポンのアソートはひどいものであったことが分かった。ちなみに丈先輩のアイテムだけかなりダブった。何者かの悪意を感じる。
これらは『デジモンアドベンチャー』の話である。




f:id:misakikun02:20160329185854j:image
・こちら『ハイプロポーションシリーズ スーパー戦隊』の『獣奏剣』である。カッコイイが500円だった。ガシャポンに500円。人によって意見がわかれるところだと思う。

・ちなみに僕はこの『獣奏剣』には思い入れがあるので満足している。この剣は笛にもなっていて、劇中では音楽を奏でることでドラゴンシーザーを操るのである。ドラゴンレンジャー・ブライはティラノレンジャー・ゲキのお兄さんで、ゲキがピンチの時には命を削りながらも助けに駆けつけてくれるのである。
恐竜戦隊ジュウレンジャー』の話である。




f:id:misakikun02:20160329190644j:image
・オンドゥルルラギッタンディスカー!!
仮面ライダー剣』の話である。
※これはガシャポンではありません。割引になっていた売れ残りの食玩で、友人A氏の英断によって救われたものです。

おわり