Medapani Blog

メダパニブログ

本とか映画の話

最近本にも映画にもあまり触れていない。今年に入ってから「読書&映画メモ」なるものをつけ始めたのだが、三月以降ほとんどページが埋まってないのである。

とはいえ、まったく読んだり観たりしていないわけではない。本は一応『銃』という文庫を持ち歩いて超スローペースで読んでいる。ある大学生が偶然拾った拳銃に対して愛情にも似た執着心を持ち、やがてその銃を巡る事件に巻き込まれていく。という話のようである。ようであるというのは、僕が読み進めた範囲ではまだ事件に巻き込まれていないからである。僕はこういう極端な価値観や屈折した感情(いわば変態)について描かれた作品が好きである。

映画で最近観たのは、ゲオで借りてきた『チャッピー』という作品である。二足歩行のロボット警察官が採用されたアフリカで、とあるチンピラ達が一体のロボット警察官を偶然入手する。彼らがチャッピーと名付けたそのロボットには、実は超高性能の人工知能が搭載されていて、なんやかんやでアフリカを揺るがす一大事件へと発展していく。という話だった。人型ロボットとヒュー・ジャックマンの組み合わせから『リアル・スティール』を勝手に連想して観たが全然違う内容だった。僕は『リアル・スティール』が大好きなので少し残念だったが、これはこれで面白かった。もっとも、ラストはなかなかの超展開と化すので、人によっては首を捻りそう。まあ僕はアリだった。

今後、映画はまあ『遊戯王』を観に行くとして、本もペースをあげて消化したい。部屋の隅に置いてある段ボールの中に未読の本やら漫画を積んでいるのだが、段ボールの高さを超え始めているのである。僕は食事代わりに本を読まなければならないようなタイプではないが、買ったまま一度も手をつけていないと単純にお金が勿体無い気がする。極めてケチ的な発想である。パッと思いつく範囲だと、かの段ボールの中には最近出た新装版の『メダロット』と『サイボーグクロちゃん』のコミックが積んであるはずだ。これらは今はなき『コミックボンボン』に連載されていた漫画である。が、どちらも当時穴が開くほど読み返したので、買うには買ってもイマイチ優先度を低くしてしまう。勿体無いとか言いつつ、買った時点で満足してしまっているのだろう。こういうのが積ん読に繋がる悪しき原因である。そのうちまとめて読み返そう。

そう、そのうち…。


f:id:misakikun02:20160425165320j:image
マタタビくんのらくがき

おわり