Medapani Blog

メダパニブログ

風邪の話

先日雨に濡れた影響か、体調がすこぶる悪い。喉が痛い。鼻水が止まらない。熱がある(気がする)。おそらく、めちゃくちゃ雨に打たれた上、その後長時間濡れたままいなければならなかった数日前のできごとのせいである。

主に鼻詰まりが激しくて、なんかこう、眉間の奥のあたりの鼻水が生産される場所が完全に詰まっているような感覚がある。もともと蓄膿症の疑いがあるが、それが普段より輪をかけて酷くなっている感じ。耳鼻科に行きたいところだが、数時間待たされた挙句に鼻の穴に何本もの細い棒みたいなものを突っ込まれて、掃除機みたいな機械で鼻水を吸い出すという治療をされるのが嫌でたまらないのである。しかも吸い出されたあと、数分で鼻水は復活するし。

なので、とりあえず昨晩はコンビニの栄養ドリンクコーナーに売っていた風邪に効くというドリンクを飲んで寝た。全然効果がなかった。しかもあの手のドリンクはやけに高額なのである。こちらとしては純粋にすがる思いで購入したというのに、酷い話である。

で、今日はちゃんとした市販薬を買ってきた。まあとは言え、何をもって「ちゃんとした」と呼ぶのかは定かではない。だって効くかどうかなんてのは飲んだあとに自分の体が判断するしかないことである。前日にドリンクで失敗した身としては、物は試しにとか、ダメ元でとかいうような気持ちしかない。しかし、おそらくは製薬会社に勤める優秀な研究員の方々が日夜努力して生み出したクスリであるはずなので、とりあえず今晩は信じてみようかと思う。マジで頼んだぞおい。

明日までに治ってくれればいいのだが、そうもいかない気がする。最近は職場の人員不足のせいか何なのかよくわからないが、毎週勤務時間も休みもバラバラでかなり体調的に良くないと思われる。明日も本来なら休みのはずだが、別途に出なければならない用事がある。そういえば、そのついでにスーツを買おうかと予定していたんだった。今の今まで忘れていた。

本来なら4月の間にもう少し体重を落としてから、購入に踏みきりたかったところである。結局2キロ減くらいしかできず、体型的にはほとんど変化がない。僕の予定では、4月も末を迎える頃には平均体重まで落とし、顎まわりも腹まわりもスッキリした上でスーツを購入、すれ違う人たちからこぞって告白されるモテモテ野郎になるはずだった。そんな人たちに僕は「すみません、お気持ちは嬉しいのですが、僕は正社員じゃないのです」と謙虚に告げるのである。

「えっ! こんなにカッコいいのに正社員じゃないんですか!?」
「そうなのです。だから、あなたに釣り合う身分では…」
「そのギャップが素敵!」
「まいったな」

ああ、ヤバい。何わけわかんないこと書いてんだろう。ぜんぶ風邪のせいだ。

おわり