Medapani Blog

メダパニブログ

マスクの話

風邪を引いて以降マスクを使っているのだが、これのおかげで歩いているだけでも息苦しくなってしまう。陸上選手がマスクをつけて練習することで心肺機能を高めると聞いたことがあるが、僕は今まさにそれを実践しているのかもしれない。数日後にマスクを外した瞬間、僕はアスリートとして生まれ変わるのである。

日常生活に息苦しさにがつきまとうのは困ったものだが、マスクには利点があることもわかった。ヒゲを剃る必要がなくなるのである。僕はヒゲが濃い方で、伸びるのもはやい。朝に剃っても夕方前にはわりと伸びている。おまけに肌が弱いのですぐに剃刀負けしたり、色素沈着を起こして黒ずんだりする。なので、普段は極力剃りたくないのである。そこでマスクを付けると、ヒゲを剃らずともある程度覆い隠すことができるので、身心ともに大変よろしい。マスクをつけている間、僕のヒゲと皮膚は安らかな休息を得ることだろう。

ところでマスクをつけていると、耳の付け根がめちゃくちゃ痛くなるのでこれだけは何とかならないものかと思う。一応「耳が痛くならないソフト素材のマスクです!!!」みたいな触れ込みの商品を(家の薬箱の中から勝手に)選んだというのにグイグイ食い込んでくる。もしかしてマスクのサイズが小さいのではないかと思い、今朝方コンビニで探して「サイズ:ふつう」と書かれたマスクを買ってみた。つけてみた。これも小さかった! 僕の顔はふつうサイズではなかったのである!! 衝撃の事実であった。

それもこれも太って顔が丸さを増したのがすべて悪い。風邪で寝込んだ暁には多少なりとも痩せるかと思ったが特にそんなことはなかった。むしろ体力を著しく消耗したせいか、食欲がかなり旺盛である。食べ過ぎないように気をつけなければならない。しかし、しっかり食べて栄養をとらなければまた風邪を引くのではないかという懸念もある。そもそも今回風邪の侵攻を防げなかったのは素ちゃんぽんとソイジョイばかり食べていたせいではないのか。ちゃんとしたものを食べて、早く耳を締め付けるマスクから卒業しよう。

おわり