Medapani Blog

メダパニブログ

ぶれぶれの話

前々から思っていたかなりどうでもいいことなのだが、僕は人の文章を読むと無意識に文体を似せようとしてしまう癖があるようである。何かしら本を読んで「この本面白いなあ」と感じたあとにブログとかを書くと明らかにいつもとノリが変わる。

もちろん「似せようとしてしまう」と言っても完璧にコピーしてしまうというようなおこがましい話ではない。なんとなく「引っ張られてしまう」ような、自分の感じではないな、というような引力に惑わされてしまうということである。結果として、文章全体がイビツでおかしな形になってしまい、なんだかモヤモヤした感触が残る(元がそもそもイビツという話もある)。

こうして薄っぺらい内容ながらブログを書いているくらいなので文章を書くこと自体は好きなのだが、それゆえに、文体を一貫した形に維持できないというのは何だか悔しいものを感じる。敢えて真似たり、自在に変化させることができるなら良いのである。しかし、僕の場合はそうではなくて、確実に無意識に「引っ張られて」いる。

これとは似て非なる話でちょっと逸れてしまうが、メールとかLINEを打つ際に、相手のスタイルに合わせて絵文字や顔文字を使ったり使わなかったりすることが多い。もちろん、仕事関係の人や目上の人に対して明らかに馴れ馴れしい文面を送りつけたりはしないのだが、それでも人によって全然違うテンションでやりとりをしていて、それらを見比べると「本当の自分とはなんぞや」という気分にさせられてしまうのである。自分が一番「素」で書いているメールというのは一体どれなのかわからない。ときには顔文字を連発するが、ときにはまったく使わず淡々と書く。ときには「(笑)」を使うが、場合によっては「笑」だけで済ませ、人によっては「www」を使う。で、そういうのは大抵僕が相手に合わせて使い分けるというより、相手がどんなスタイルであるかによって無意識に対応を変えているのである。

まあこうしたことから結局何が言いたいのかというと、外から影響を受けてブレたりせず、誰が相手でも変動しない、何かこう、芯みたいなものが欲しいなということである。

そんな優柔不断な僕が書いているこのブログは今日で100日目&100記事目です。やったね。読んで得するような情報は何らない薄っぺらい内容ですし、たまに苦し紛れに書いたであろう感がぷんぷんするブログですが、読んでいただいている皆様いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

おわり