読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

脱出計画

汚い話になるが、最近トイレで大きい方をすると「めまい」のような現象が起きる。具体的に言うと、視界がズームアップしたりズームアウトしたりするような感覚が交互に続くのである。僕は「ひょっとして『STEINS;GATE』よろしく運命探知の魔眼に目覚め、排便をきっかけとして世界線移動をしているのでは…?」との仮説を立てたが、同居している弟にそのことを話したところ「死ね」という辛辣かつ平常運転な回答を頂きました。少なくとも弟が優しい人格を持った世界線には移動してないようである。

 

それにしても、最近はお腹にまつわる不調が多い。正直お盆シーズンの仕事はちょっとキツイシフトだったのだが、謎の腹痛に継続的に見舞われていてキツさに拍車をかけていた。最初に比べると治ってきて、常時痛いということはなくなったのだが、仕事中に何かしらストレスを感じるとすぐにお腹にくるのである。それも神経的な痛みではなく、純然たる便意が牙を剥くのでタチが悪い。で、トイレに行けば行ったで冒頭に書いたようなめまい現象が起こるので、身体に何かしらの欠陥が出ているのではと疑っているお年頃の今日この頃である。

 

お年頃といえば、うちの下の弟がいい歳をして実家に戻ってきたいとの要望をぶち上げてきた。突然の話で恐縮だが、僕には近年珍しい人数の弟がいる。具体的に何人であるかは僕のミステリアスなイメージを維持するために伏せておくが、まあそのうちの1人(20代独身)が実家に戻ってきたいというのである。何でも家賃と光熱費を浮かせたいとかいうとんでもない理由で、僕としてはかなり難色を示している。うちの実家はすでに、僕(20代独身)ともう1人別の弟(20代独身)という二大巨頭を擁する家庭であり、不埒な動機で参入されたら困るのである。まったく、いい大人なんだから家賃と光熱費くらい自分で払いなさい! ということである。

 

…とかいう棚上げクズ発言は冗談として、まあ弟が帰ってくるならば、僕も入れ替わりがてらそろそろ本格的に家を出ようかと画策している。大体、息子が三人も実家に住み着いてみろ。親からすれば悲劇以外のなにものでもないだろうが。松野家じゃねえんだぞ。と、そう考えられる程度には僕の思考もまだまだまともなのである。が、世知辛い話お金がない。

 

まったく、人生の行き先というのはなかなか不透明なものである。同年代の皆様がマイホームだの車だのを購入しているというのに、僕ときたら「洗濯機高いなあ…コインランドリーでいいかなあ…」などと考えている。なんという不甲斐なさ。人生不透明どころか終わってる。まあそんな風に嘆いてみても、どれもこれも悪いのは僕である。今更どうこう言っても仕方がない。ただひとつだけ愚痴らせてもらえるとすれば、本当に不思議に思うことがあって、僕と同じくらいの年収(のはず)で、しかも実家暮らしもでもない同僚の人たちが、続々と車を買い替えたり旅行に行ったりできているのはなぜなのだろうか。もしかして、僕は単純にお金の使い方が下手くそな奴なのだろうか。

 

おわり