読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

あけまして

あけましておめでとうございます。毎日更新から不定期更新に減らして以降、アクセス数はガンガン下がり、日にゼロ件ということも珍しくない当ブログですが、読んでくれている方いらっしゃいましたら、今年もよろしくお願いします。

 

極めてどうでもいい話ですが、僕の年末年始は特別なイベントも休みも何もなく、この上ない平常運転でした。年末ジャンボは無事に外れましたし、年越しはくそ散らかった部屋で爆睡してたら終わっていました。あと、正月手当的なものもありませんでした。今年もわずかばかりの労働を対価に日銭を稼ぎ、口を糊していきたいです。

 

しいて例年と変わったことを挙げるとすれば、ショッピングモールのトイレにて、待ちに待ってようやく個室に入れたかと思いきや「すみません、子供が漏れそうなんです」と若いお父さんからドアをドンドンされたことです。僕はズボンすら降ろさずにそこから出ましたよ。なんなのかな??子供だからなんなのかな??子供とおっさんとどっちがウ〇コ漏らした方がヤバイか分かるでしょ??おっさんですよ!!(絶望による錯乱)

正月から働き詰めの底辺非正規労働者といえど、排泄を脅かされない権利くらいあっていいのではないでしょうか。今年はこの辺の訴えにチカラを入れていきたいです。

 

他に何か挙げるとすれば、2016年秋から放送されていた『ブレイブウィッチーズ』の最終回がすごく良かったです。正直に言いますけど、俺は泣きましたよ。三十路の男が薄暗い部屋で咽び泣きましたよ。なんかもう「俺、疲れてるのかな…」って脳の片隅が冷静になるくらい泣きました。何しろオープニング映像観てる時点で勝手に涙流れてましたからね。完全に疲れてますね。

 

 じゃあ去年は『ブレイブウィッチーズ』に激ハマりしたのかというと、特にそういうわけでもないです。キャラクターの名前もほとんど覚えてないですし、白状すると、前作に当たる『ストライクウィッチーズ』も未視聴です。それでもなぜか最終回はボロ泣きしてしまいまして、どれもこれも疲労のせい…ではなく、主人公たる雁淵ひかりちゃんの魅力のせいでしょう。

 

僕はもともと捻くれた人間ですが、去年は(主に仕事関係で)色々あったせいか、ひねり揚げにもう6ツイストかけたくらい捻くれてしまったので、ひかりちゃんのような純粋無垢で直向きな主人公が眩しい眩しい。あとひかりちゃんを演じている声優さんの声が妙に好きで、両親に「どうして僕の名前をももくんにしなかったのか」と詰め寄るレベル。今年はひかりちゃんを見習って少しでもかつての素直さを取り戻していきたいと思います。

 

…三十路のおっさんが正月から何を言っているんだろう。

 

おわり