Medapani Blog

メダパニブログ

血のバレンタイン

バレンタインデーを明日に控えた今日この頃、皆さまいかがお過ごしだろうか。僕はもういい歳なので「もしかしたらあの子からチョコ貰えるかも!」とそわそわすることもなく「バレンタインデーとはお菓子会社の陰謀なのだ!」と聞きかじり知識を叫ぶこともなく、数多の新カップル誕生のためすべてのチョコが素晴らしき仲人であらんことを鼻くそほじりながら祈っている。

 

そもそも僕はバレンタインデーで美味しい思いをしたことが恋愛的にも味覚的にもない。友達が少ないのでよくわからないが、人間普通に生きていれば義理なり本命なり一度はバレンタインデーにまつわる甘酸っぱいメモリーがあるものなのではなかろうか。僕はねえよ。まったくねえよ。なさすぎて「実はクラス中の女の子全員僕のことが好きで、女子間で戦争になるのを回避するため僕にはチョコを渡さない協定が結ばれているのではないか?」との仮説を打ち立て、半ば本気で信じ込んでいたほどである。

 

そんなバレンタインと縁遠き僕にとって、この時期はコンビニなりスーパーなりでおやつのチョコ買うことに多少の抵抗が生まれる。どうせ店員さん各位から「こいつチョコ貰えないから自分で買ってんだな…」と思われているに違いないからである。レジに出しているのはチョコなのに、なぜかエロ本でも会計されているかのような羞恥心を覚える。

 

で、本日そのような辱めを受けながらチョコを買ったのだが、そのチョコは『聖闘士星矢マンチョコ』という『ビックリマンチョコ』の亜種である。ウエハースと一緒にシールが一枚入っており、そのイラストが『聖闘士星矢』であるというのだから欲しくなるのも仕方ない。この僕も試しに3パックほど購入してきた。最近疲れてるし、自分への労いも込めてカッコいいシールが当たるといいな、バレンタインだしな…と開封した結果が以下の通り。

 

 

 

 

 

 

f:id:misakikun02:20170213174747j:image

 

 

 

 

 

 f:id:misakikun02:20170213174813j:image

 

 

 

ハッピーバレンタイン…

 

おわり