読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

不審者は君だ

こないだ電車で僕なりの善意から女子中学生に話しかけたのだが、危うく事案を発生させるところだった。自分よがりの考え方や押し付けの善意は良くないということを身をもって学んだ。僕はもう二度と必要以上に知らない人と関わらないし、何かあったとしても見て見ぬ振りを決め込むこととする。僕みたいな陰キャ野郎が知らない女子中学生に話しかけるなど神が許しても常識が許しはしない。女の子とまともに話す術を知らぬ僕なのだから、たとえ相手が降車駅を判りかねて困っている様子であろうが話しかけるなどもってのほか、車両の隅で気配を殺してじっとおくべきだった。あの日以降、はからずとも不審者としての頭角をあらわせてしまった自分の姿が、脳内に時折フラッシュバックし、そのつど声にならない声が勝手に漏れる。何より恐ろしいのは、女子中学生に話しかけたその瞬間、自分自身を完全なる不審者として俯瞰するような感覚に陥ったことである。ニュースや新聞で毎日のように不審者の出現が報道されているが、僕は彼らをこれまで自分とはかけ離れた世界の住人だと考えていた。部屋に侵入して数カ月にわたり監視カメラを仕掛けていた等のガチでヤバい連中にドン引きするのはもちろん、道行く近所の小学生に挨拶しただけで事案として取り上げられた人に対しても「こんなことで警戒されるなんてかわいそう…」とどこか遠くで起こった他人事のように認識していたのである。しかし、不審者へ覚醒する可能性は何気ない日常に潜んでいた。純然たる善意をきっかけとしていた。決して「かわいそう」との感想だけで済ませてはいけなかったのである。女子中学生に話しかけて気まずそうにスルーされたそのとき、僕は「あっ、人間って簡単に不審者になり得るんだ」「今僕は何かを踏み外しかけたんだ」そう悟った。思い返せば、僕には不審者の素質があった。先日、大学時代の歳の近い先輩にご息女が産まれた。その大変おめでたい報告メールを頂いたとき、僕は平日昼間だというのに万年床から深夜アニメの録画を見てデュフデュフ笑っていたところだったのである。年齢はそう変わらないというのに、片や真っ当な人生を送るお父さん。片や何度も道を踏み外して来たキモオタ。そんな僕に不審者の因子が潜んでいないわけがないことは、数多くの教育評論家やマスコミの方々がいくらでも証明してくれることだろう。僕はこれから、ひたすら下を見ながら人生を歩いて行こう。誰にも迷惑をかけないように。

 

おわり