読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medapani Blog

メダパニブログ

新生活の開始

4月に入り新生活が始まりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。僕は親の車をぶつけて借金生活をスタートさせました。保険適用なしで修理費用は約40万円也。この話を聞いた弟の第一声が「ダセェwww」でした。僕もそう思います。何が悲しくて30越えて親の車を乗り回し、あげくの果てにぶつけてるんでしょうか。ダセェ以外の何ものでもございません。

 

不幸中の幸いと言いましょうか、人様を害したり、公共を乱すような事故ではなく、ひっそりと自爆しただけだったのですが、40万円という修理費用から想像できるとおり、結構ボコボコになりました。思わず「うわあ…」と引いてしまうような姿になった車を眺めながら親に電話を入れ「破損状況はスト2のボーナスゲームで何発か殴った感じ」と報告したのですが、まあ当然伝わるわけもなく、親としては「よくわかんないけど数発なら大丈夫でしょ」というような反応でした。帰宅した親に実物を見せた後、僕の顔がYOU LOSEしたベガみたいになったことは言うまでもありません。

 

f:id:misakikun02:20170410220837j:image

※嘘です

 

そもそも僕は根っからの反自動車党でありスーパーペーパードライバーだったのですが、現状からの脱却と来たるべき転職に備え車のひとつでも運転できねばなるまいとその信念を封じ、去年の夏頃から精力的に公道へ繰り出していたのです。近頃ようやく慣れてきたかなという感触を覚えたので、大学時代の先輩に助手席に乗ってもらったところ「今まで事故ってないのが奇跡」との高評価を頂戴し、あ、僕ってやっぱり神に愛されているんだ、と再認識した矢先の事故でした。「君、内輪差に気をつけたまえよ」という先輩の助言を真剣に受け止めておくべきでした。情けない限りです。

 

こうして茶化して書きましたが、車と同じくらいへこんでド反省しました。人身事故とかにならなくて本当によかった。親の車だから少しくらい傷つけても大丈夫だろ、という甘えた潜在意識もあったかもしれません。正直、自分は公道に出るべき人間ではない、という意識がかなり強まっていますが、今後もし運転する機会があれば、決して慣れてきただのとおごることなく、初心を忘れずに運転したいと思います。

 

おわり