Medapani Blog

メダパニブログ

運命のごっつんこ

登校途中に曲がり角でごっつんこ☆した美少女が実は転校生で同じクラスの隣の席になる、という展開は、フィクションにおいてあまりにもありがちであるが、現実でも似たようなことは度々あるのではないかと思う。

 

先日、終電で厄介そうな酔っ払いと乗り合わせた。できるだけ関わり合いになるまいと意識して動いたのに、降車駅が同じどころか、その後立ち寄ったコンビニでも顔を合わせてしまった。特に絡まれたというわけでもないが、離れようとしたのに引き寄せられてしまったような、奇妙な運命を感じた。以前、バスの前の席で死ぬほどイチャついていたカップルが、目的地の映画館で隣の席に座ってきたときにも同じことを思った。

 

他にもそういったことはよくある気がするが、ただ残念ながら、僕はもうおっさんなので、美少女転校生と運命的な出会いを果たすことはどう転んでも起き得ないどころか、ごっつんこ☆したら逮捕される可能性すらあるのである。

 

おわり