Medapani Blog

メダパニブログ

茶番inゲームセンター

最近、気晴らしも兼ねてゲームセンターによく行っている。そこではもっぱらクレーンゲームに興じており、ここ数ヶ月だけでいくつものフィギュアやぬいぐるみを手に入れ、また多くの金額を投じてきた。一番よく行く近所のショッピングモール内のゲーセンからは、そろそろ表彰されても良いくらいである。

 

クレーンゲームをプレイするとき、自分が欲しい景品がクレーンゲーム機内の奥の方に飾られていて、店員さんに頼んで位置を変えてもらわなければならないことがある。このとき当然ながら、自分が欲しい景品を店員さんに伝えなければならないわけだが、僕はここでいつも引っかかることがある。

 

偏見と失礼を承知で言うが「この人は絶対僕と同類だろう」という店員さんがたまにいる。そんなタイプの店員さんに、深夜アニメのキャラのフィギュアを置き換えて欲しいと頼む際、「あの、左から二番目の、灰色の髪のショートカットのやつを出してください」「灰色のショートカット…はいこれですね」というやり取りをするのだが、これがなんだか虚しくなるのである。お互い絶対知ってるはずなのに「自分、アニメあんまり詳しくないです」みたいな態度を気取り牽制し合うあの空気。恥ずかしがらずにキャラ名を出せば、回りくどい説明をしなくて済むのに。なぜオタクは、意味のない探り合いをしてしまうのだろう。深い謎である。

 

おわり