Medapani Blog

メダパニブログ

Caplicoのあたま

「Caplicoのあたま」というお菓子がある。Caplico=カプリコがどんなお菓子であるかという説明はここでは省くが、とにかく「Caplicoのあたま」とは、読んで字の如く、カプリコのあたま部分に当たる、あのエアリーな食感のチョコレートのみを商品として売り出したものである。僕はこれを最近よく食べているのだが、食べながら疑問に思うことがある。「カプリコのあたま」がチョコレートのことを指すならば、「カプリコ」のコーンのことは「カプリコのしり」と表現するべきなのだろうか。そして「カプリコのしり」を「カプリコのあたま」と同じように商品化してしまうと、それはただのコーンを売ることに他ならず、あまり需要はないと思われるし、だからこそ商品化に至っていないのだと想像するが、であればそもそもカプリコ」に「しり」は必要なのだろうか。もしかすると「カプリコ」には「あたま」にしか存在意義がないのではないか。だが、そう考える一方で「カプリコ」とはあのコーンアイスのような形状のお菓子であるからこそ「カプリコ」と呼ぶに相応しいのであるという思いもある。例えば目玉焼きを白身と黄身に分けてしまうと、それはもはや目玉焼きとは呼ばなくなるし、その白身と黄身を別々に口にしても、焼いた白身や焼いた黄身という感想しか生まれず、そこに目玉焼きを食べた感動はない。であれば、それと同じように「カプリコ」を「あたま」と「しり」に分解することで「カプリコのあたま」と「カプリコのしり」としてしまうと、それはもはや僕の知る「カプリコ」ではないのではないか。「カプリコのあたま」は「カプリコ」ではないのではないか。しかし、しかしである。「カプリコのあたま」のふんわりとした食感と、舌に溶けるように馴染むあのチョコレートの甘さは、どう考えてみても「カプリコ」に他ならないのである。

 

カプリコってなんだ…あたまってなんだ…しりってなんだ…

 

おわり